女性

心理カウンセラーになるめに勉强しよう~ココロを支える仕事~

心の役立つ存在となるには

マッサージ

人の心以外も勉強

今の時代はストレスが溜まりやすい社会でもありまして、精神的にストレスを抱え込みすぎて病んでしまう人も増えてきています。そのような人の相談を受ける存在として心理カウンセラーは役立つ者となります。その心理カウンセラーを目指すのであれば、心理学やセラピー法を学んでいくのはもちろんのことなのですが、ほかにも学んでおくと良いものがあります。それが脳科学です。脳に良い栄養素や脳に良い影響を与える色や映像、最近では動物を使って癒すアニマルセラピーなども広がっており、心理学の分野以外でも人の心に役立つ勉学はいろいろとありますので、勉強することで人々から信頼され、能力のある心理カウンセラーになることができるようになります。

その名の職業はありません

実は心理カウンセラーという職業名は存在せず、スクールカウンセラーや産業カウンセラーなどカウンセリングを行なう人をまとめて心理カウンセラーと呼んでいるのが一般的です。そのため、心理カウンセラーになると決めて勉強しても、現にそのような職業は存在しないので、どのような専門のカウンセリングを行なう専門家となるのかをはっきりと決めなければなりません。そして心理カウンセラーとして取得しようとする資格の数も多く、目指す人はどの資格を取れば良いのか迷ってしまうほどあります。仕事関係で悩んでいる人の相談を受ける立場となるならば産業カウンセラーを目指すのが良いですし、人の心を癒す存在を目指すのであれば臨床心理士になるのが良いです。学校の生徒や教師の相談を受ける立場となるならスクールカウンセラーを目指すというのも一つの手段です。